天気と査定額の関係とは

| 未分類 |

車査定では晴れた日に受けた方が良いと言われていますが、実際に効果があるか疑問に感じることが多いはずです。査定基準には天候が直接影響する部分はありませんが、査定時には洗車や車内清掃をすれば良いと言う内容も一般に言われています。基本的に査定基準には直接影響しない部分ですが、晴天の場合にはボディの輝きが増す効果があると言えます。綺麗に見えることでボディのコンディションをよく見せる効果がありますので、洗車をして天気の良い日に査定を受けた方がよいと言われるのです。しかし査定額はコンディションを正しく確認しなければ正しい金額は出せないのが普通ですから、雨の日には十分な確認ができない状態が起こります。車査定は陽の光を利用して屋外で行われますので、雨の日には傘をさした状態での査定となります。ただでさえ確認しにくい状態となりますし、ボディについた雨水によって細かい部分のコンディションを正確に把握することが難しくなるのです。良い方向に働くこともありますが、査定を受けるときは晴天の方が正しい金額が出やすいと言えます。査定士も同じ人間ですから、雨で確認しにくい状態では慎重にならざるを得ないという感情的なデメリットも影響するのです。