}PgžxQ下取りや買取査定の経験がない人はどんな方法で行われるかわからないのが普通ですが、基本的には車のすべてを確認することになります。正しい査定額を出すには車の状態を正す把握する必要がありますので、査定基準に照らしあわせて確認が行われます。車両の基本的な情報は車検証からも確認できますが、走行距離はメーターで確認します。ボディには傷やヘコミがないか全体を詳細に確認しますし、ボディのチリが合っているか事故歴がないかといった内容も確認されます。ボンネットやトランク、ドアを開ければ修復した形跡が確認できますし、エンジンルームからは不正な操作が行われていないか確認することが可能です。もちろんエンジンから異音や異臭が出ていないかなどのコンディションも確認するのです。車内ではシートの汚れや傷みも確認しますし、装備品に関しても確認されます。査定時にはたくさんの箇所について詳細に確認しコンディションを把握しますが、コンディションが良好であれば査定額も高くなりますし、逆の場合には減額査定となります。査定基準に関しては殆どの業者で共通の内容となっているため、基本的にはどこで査定を受けてもそれほど査定額に差が出ないのが普通ですが、業者の営業方法や販売力によって変わる部分も大きいのです。