車査定の諸手続き

| 未分類 |

}PgžxQ動車査定の諸手続きについて、まずは見積もり査定を依頼するところから始まります。そこで実はもしその業者に売却することが決定した際における注意事項などが記載されていますので、その時に合わせて売却決定後の流れと注意事項を必ず確認をします。
その自動車業者に売却が決定した際には業者側からも再度説明がありますが、売買契約書あるいは買取承諾書などの正式な書類に署名捺印をして、控えを必ずもらっておきます。またその売買代金がいつ振込等により支払われるのかについても確認をする必要があります。
今後は売却する側が書類をそろえる必要がある場合と、業者側に委任して任せる場合とに分かれていきます。ここで業者側に任せる場合には業者側に委任状を渡すことになります。また売却する側が揃える場合には所有者の印鑑登録証明を提出する必要があります。
このように書類を渡す必要があるものを業者に渡した後には、業者側から売買代金の振込と名義変更等が完了した旨の連絡が大抵の場合、郵便でハガキ等で送られてきますので、その内容を確認して翌年の5月ごろまでは保管しておく必要があります。
これは名義変更が行われておらず、自動車税が自分に課税されてこないかどうかの確認のために必要です。