業者の調査

| 未分類 |

車の売却や下取りでは専門の査定士によって車の状況を詳細に調査されますが、調査内容によって買取り金額が決められます。車種やグレード、年式や走行距離など基本的な情報の他にも各部のコンディションを確認して査定額を出すのです。査定の方法は業界で統一したルールーが定められているため、基本的に同じ条件で査定を行います。業者によって査定額が異なるのは、買い取った後の販売力や流通ルートが異なる点にあり、販売力が高い買取り店では高額査定を出しても在庫を抱えるリスクが少なくなります。一方で中古車販売店で買取を行うと店頭での展示販売を行うため、売れなければ在庫車としていつまでも残ってしまうのです。査定にかかる基準は統一されていますが、プラスアルファの加算額が買取り店によって異なってくると言えます。またはプラスアルファではなく利益の出し方も買取店によって異なるため、買取価格に差が出てしまうのです。下取りでも査定時の調査は同じ内容となりますが、基本価値の出し方が買取り店とは異なっています。買取り店では調査内容と相場を照らし合わせて査定額が決まりますが、ディーラーの下取り査定では基本価値が書かれた査定本で判断するため、査定額に差が出てしまうのです。