浅い傷は消しておく

| 未分類 |

車を売却する時に高額査定を狙うのであれば、査定時にチェックされる場所をきちんと把握して、問題があるようであればそれを解消しておくことです。
そうした問題となる場所の一つとしてボディの傷があります。
査定時にボディの状態を確認されることはほとんどの方が知っていると思いますが、当然、ボディに傷があるよりはない方が査定額は高くなります。ですから、傷があると分かっているのであれば早めに消しておいたほうがよいでしょう。
ただし、この場合の傷とはあくまでも市販の研磨剤などで消える程度の浅い傷のことです。
もしも、深い傷を自分で修理しようとすると逆に悪化させてしまうこともありますし、修理業者に修理を依頼した場合は、買取額よりも修理代の方が高くなって、かえって損をしてしまう可能性もあります。
ですから、傷が深い時はなにもせずに放置しておいた方がよいのです。
また傷が浅い場合でも、自分で対処する自信がなければ何もしない方がいいかもしれません。
それほど難しい作業ではありませんが、研磨の方法を間違えてしまうと傷を消すどころか余計に増やしてしまうことも十分に考えられます。細かな傷が増えてしまうと査定額を上げることは期待できませんので、注意が必要です。